簡単に使えるグラフィックデザインツールを提供するユニコーン企業「Canva(キャンバ)」が6000万ドル(約64億円)を調達した。リード・インベスターは既存株主の「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」と豪「ブラックバード」、コ・インベスターは「Felicis Ventures」。資金調達後、Canvaの企業評価額は60億ドル(約6430億円)に達する。また、資金調達の発表と同時にCanvaは中国市場で企業向け製品を発売することを正式に発表しており、今回調達した資金も、中国での製品開発、販売、コンテンツ運営に充てられる。

Canvaは2012年に設立され、オーストラリアのシドニー、フィリピンのマニラ、中国の北京、米国のオースティンにオフィスを構え、現在1000人以上の従業員を擁している。同社の目標は、ユーザーがドラッグ&ドロップ、デザインユニットの調整といった簡単な作業で複雑かつ美しいデザインを作れるようにサポートし、商業用デザインや個人向けのデザインを身近なものにすることだ。