中国電気通信事業者大手の「中国電信(チャイナテレコム)」と「中国聯通(チャイナユニコム)」は9月9日、「5Gネットワーク共同構築・共同利用一周年記念作業回顧及び総括会議(5G網絡共建共享一周年工作回顧総結)」および「共同構築・共同利用提携の包括的強化推進会議(全面深化共建共享合作推進会議)」を開催した。

この1年間、両社が建設した5G基地局は30万ヶ所を超え、5Gネットワークは中国全土の全地級(主として中国の市レベル)以上の都市をカバーしているという。両社の計画では、9月30日までにSA(スタンドアローン)商用ネットワークの基礎能力を備えることを努力目標としている。