あのおもちゃがお菓子に!「3D」あひるグミがかわいすぎる

あのおもちゃがお菓子に!「3D」あひるグミがかわいすぎる

疲れたとき、プチストレスがたまったとき、……。そんなときはちょっと寄り道して、スーパーや雑貨店のお菓子コーナーをぶらりとのぞいてみましょう。かわいいスイーツを見るだけで、ウキウキして心がふんわり軽くなりますよね。

パッケージを見ただけで思わず「ジャケ買い」したくなる、とにかくかわいいスイーツを、フードジャーナリストの中田ぷうさんに紹介していただきました。

おふろの”ラバーダッキー”を忠実に再現

こんにちは、中田ぷうです。
今回ご紹介するのは、「PLAZA」で見つけた「3D ラバーダックグミ マンゴーフレーバー」(237円)。
あの、お風呂でよく見る「あひるのおもちゃ」が、なんとグミになったんです!

「PLAZA」は子どもの頃から大好きなお店。
エレクトーン教室の帰り道、母にねだってお店に連れて行ってもらっては、何かしら“外国のお菓子”を買ってもらっていました。この頃から「お菓子はジャケット(パッケージの見た目)が命」だと思っていたような子どもでしたので(笑)。

そんな思い出深い「PLAZA」は、今でも週1回は売り場をパトロールし、インスタグラムのアカウントもフォロー。かわいいお菓子をチェックしています。

で、先日いつものようにインスタをチェックしていたところ、この商品を発見。お風呂のおもちゃがグミになったなんて……!雑貨好きとしては見逃せません。発売翌日、すぐに買いに走りました。

食べてみると、グミそのものはかなりの硬さで、しっかりとした歯ごたえを感じます。グミが硬いのは、あひるの形を立体的に再現するためでしょうか。味は思ったよりジューシーなマンゴー風味。

私はこのグミをそのまま食べるというよりも、”おやつの飾り”として活躍させています。
コンビニスイーツのケーキやプリンアラモードにこの子をちょこんとのせたり、ソフトクリーム型のコンビニアイスのてっぺんに飾ってみたり……。

それだけでなんでもない普段のおやつがぐんとかわいくなり、スペシャル感を演出できるんですね。
子どもたちも喜びます。

ぜひ、「このまま出すのはちょっとさみしいな」というおやつに、”この子”を飾ってみませんか?

Have a try!

□パッケージの可愛いお菓子を探してみる
□可愛いスイーツをお取り寄せしてみる
□ラバーダックグミを飾ってみる

文/中田ぷう
編集者・ライター。出版社に勤務後、2004年に独立。多くの料理本や暮らしの本の編集・プロデュースを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。

構成/サンキュ!編集部


関連記事

サンキュ!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索