マスクをすると、肌と擦れたり湿気がこもったりするため、メイクがどうしても取れてしまいがち。そこでメイクが取れにくくするための方法から、マスクをつけていてもステキに見える方法まで、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんが教えてくれました。

マスクをしているから…と手抜きメイクはNG!

マスクをすると目から上しか見えないから…と、顔全体を手抜きメイクにしていませんか?だけど逆に言えば、目と眉だけしか見えないということは、見えている部分に血色の良い色味がないということですよね。そのため手抜きをしてしまうと顔色が悪く見えるので、具合が悪いからマスクをしているのかな?と心配されてしまう可能性も…。マスクのときは、とくに目元と眉はしっかりとメイクをすることが大事です。

スキンケアは丁寧に!

どうせ見えないから…と、スキンケアを適当にするとメイク崩れしやすくなってしまいますよ。スキンケアはいつでも丁寧にしましょう。

崩れにくい下地を使う!

汗や皮脂に強い皮脂コントロールタイプなど、崩れにくい下地を使うとメイクも取れにくくなりますよ。

ファンデーションは薄く!


ファンデーションを厚塗りすると崩れやすくなってしまいます。密着度の高いクッションファンデーションやリキッドファンデーションを薄くつけるようにしてくださいね。

フェイスパウダーはノーカラー系がオススメ

フェイスパウダーはノーカラー系を用いると、ファンデーションとマスクとのあいだに透明な膜を張ってくれるので、マスクにメイクがつきにくくなりますよ。

チークはマスクのなかに入るようにつける!

マスクを外すことがあるかもしれません。チークもきちんと入れましょう。ただ、チークの位置が高いと擦れてしまい、マスクを外したとき目の下に線が入ってしまうことがあるので注意!マスクのなかに入るようにして、リキッド系、クリーム系のチークをつけましょう。その後、パウダーをつけてあげるとさらに取れにくくなりますよ。

リップはティント系を!


リップはティント系にすると落ちにくいですね。つけてからティッシュで軽く押さえてあげるとなおよいです。

アイメイクはいつもより盛る!

最初にお伝えしたように、目元と眉はしっかりとメイクをすることが大事です。アイメイクはいつもより盛って大丈夫!ラインもきちんと入れ、まつ毛のカールはしっかりキープするようにしましょう。

眉はラインがボヤッとしないように!

眉は丁寧に描き、ラインがボヤッとしないようにしてくださいね。眉が薄くてボンヤリしていると、全体的にボヤッとした印象を与えてしまいますよ。

フィックスミストでメイクをキープ!

メイクの最後にフィックスミストをかけてあげれば、より一層取れにくくなりますよ。

マスクをしていても、メイクを崩れにくくするワザ&キレイに見せるワザ。マスクをしているからと油断することなく、榊さん直伝のポイントを参考にしてみてくださいね。


教えてくれたのは・・・榊美奈子さん
ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

取材・文/岸沙織 構成/サンキュ!編集部