ワーママも専業主婦も夕方はみんな忙しいですよね。そんな忙しい毎日の夕飯におすすめなのが、炊飯器一つで全部できちゃう時間節約レシピ「カオマンガイ」をご紹介します。

<教えてくれた人>
まはらかおりさん…料理研究家。小学生男子2人のママ。「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」を提案した料理教室を主宰。

「カオマンガイ」とは?

カオマンガイは、タイ料理の蒸し鶏をのせたご飯のこと。甘酸っぱいタレをかけていただきます。シンガポールでは「海南鶏飯(ハイナンチキンライス)」と言ったりもします。

東南アジア料理というと独特の香辛料の風味が強そうですが、カオマンガイはそうでもないのです。意外と優しい味わいで子どもにも食べやすいのが魅力です!

おうちでつくりやすい「カオマンガイ」のつくり方

ここからは、炊飯器でご飯もお肉も調理できる簡単でおいしいつくり方をご紹介します。

材料

●米 2合
●鶏もも肉 1〜2枚(我が家は2枚でも足りないくらい…)
●鶏ガラスープ 小さじ1
●おろしにんにく 小さじ1
●おろし生姜 小さじ1
●塩・胡椒 少々
●長ねぎの青い部分

【たれ】材料を合わせるだけ
・長ねぎみじん切り 10cm
・醤油 大さじ1.5
・酢 大さじ1.5
・砂糖 大さじ2
・ごま油 小さじ1

☆市販のスイートチリソースもあると美味しいです!

1.米を研いで、釜に鶏肉とその他の材料を全て入れる

鶏肉は、お釜に入れる前に塩こしょうで下味をつけておきます。

2.普通に炊く


3.炊き上がったら、肉を取り出して盛り付ける

鶏肉は細長くカットして、ご飯の上に盛り付けます。合わせておいたタレをかけていただきます。大人はスイートチリソースがあるとピリ辛、甘辛でおいしいです。

お出かけできなくても、ごはんで旅行気分!

わが家はこのレシピだと、子どもたちの食いつきが全然違う!

すごくよく食べてくれるので、疲れている日でも気持ちよくご飯が食べられます。忙しい日でもこのレシピがあれば、夕方超気楽。簡単でよく食べてくれるごはんって最高です!

そして…なかなか旅行ができないときは、こんなふうに各地の料理で旅行気分を味わうのも楽しいです。食べながら子どもたちとその国の話なんかで盛り上がったりして、何だか楽しい食事タイムになったりします。

※炊飯器の機種によっては調理に向かない場合があります。取り扱い説明書をご確認ください。

構成/サンキュ!編集部