忙しいワーママにとって毎日何品もおかずを作るのはかなりの労力…家族にはしっかり栄養をとってもらいたいけれど時間がない…そんな方にぴったりの「おかずの使い回しテク」をご紹介します。

<教えてくれた人>
はな…フルタイムで働く2児の母。こだわりのインテリアや役立つ整理収納術を主婦ならではの目線から発信。

作り置きなんて夢のまた夢

たくさんの常備菜を作り置きしているかた、本当に尊敬します。でも、私にはちょっと無理……。週末に買ってきた食材を切って冷凍するだけで精一杯です。それでも夕食には、それなりの品数のおかずを用意して家族に食べてもらいたい……。わが家は簡単なやり方で夕食の品数を増やしています。

おかずを使い回して品数を増やす!

単純です。つくったおかずを全部食べずに残しておいて、次の日のおかずに追加するだけです。前日のおかずとその日につくったおかずを合わせれば、品数は1品増えたことになります。前々日のおかずも残っていれば、品数は2品増えたことになります。

わが家の場合は、肉や魚の主菜は1日で食べきってしまい、サラダや煮物などの副菜を使い回しています。

おかずの使い回しのやり方


1.夕飯をつくるとき、副菜を多めにつくっておく。
私はだいたい家族が食べる分の1.5倍くらいを目安につくっています。家族が好きな副菜はさらに多めにつくります。さらに翌朝用に汁物も多めにつくっておきます。

2.全て盛りつけず、保存容器に入れておく。
夕食を盛りつけた後、残した副菜は保存容器に入れて冷蔵庫にしまっておきます。私は、電子レンジで温めなおしができる無印良品のプラスチックの保存容器を使っています。

翌朝用に残した汁物は、蓋をして鍋ごと冷蔵庫にしまいます。


3.次の日の朝、夜に食べる。
次の日の朝、盛りつけて朝食のおかずとして出します。朝はパンか前日のご飯をおにぎりにして食べるので、前日の副菜と一緒に食べればそれだけで立派な朝ごはんです。朝ごはんのために調理をする必要はありません。残しておいた汁物を朝ごはんにプラスすれば、完璧です。

おかずの使い回し2つのポイント


ポイント1:残しておいてもOKな副菜を選んでつくる。
残したおかずは冷蔵庫に入れてしまえば傷む心配はないと思いますが、なるべく日持ちするメニューを選んでいます。マリネや煮物など、常備菜のレシピ本などを参考にしてメニューを決めました。だいたい3日以内には食べ切るようにしています。

ポイント2:次の日のメニューを考えて副菜を選ぶ。
副菜はサラダ系と煮物系が交互になるようにメニューを決めています。そうすることで、副菜にサラダ系と煮物系が含まれるようになります。もちろんサラダ系のおかずダブっていても問題ないのですが。

おかずの使い回しでラクしましょ!

前日のおかずを残しておくという簡単なやり方ですが、メリットは多いです。

まず、いそがしい朝におかずをつくらなくてよいということ。そして夕飯には自動的におかずが一品増えるということ。万が一、夜いそがしくておかずが一品しかつくれなくても、前日のおかずがあるのでなんとかなります。さらに、夕方保育園から帰ってきた子どもたちが空腹でぐずることがあるのですが、残しておいたおかずを少し食べさせることで機嫌よく遊んでいてくれます。

いそがしい共働き生活ですから、副菜の使い回しでラクをしましょう!

構成/サンキュ!編集部