新型コロナウイルスの影響で世界的に手に入りづらくなっているマスク。一般的な不織布を使った使い捨てマスクは手に入りづらい状況が続いていますが、それに代わり、洗える布マスクやハンカチをマスクに変えられるマスクホルダーなど、いろいろな商品が販売されているのをご存知でしょうか?

アイデアあふれる商品をご紹介します。

プロバスケットリーグのユニフォーム生地を使ったマスク

プロバスケットボールチーム・アースフレンズ東京Zからは、ユニフォームの生地を使ったマスクを販売中。

こちらのマスクは、プロスポーツチームならではのユニフォーム生地で製作しているため、素材の利点として、乾きが速く、耐久性もあり、洗って何度も使用が可能とのこと。

1枚2,000円(税込)にて販売中。

スポーツ観戦も行けない今、スポーツ好きなご夫婦、お子さまにいかがでしょうか。

ハンカチやキッチンペーパーがマスクに早変わり!マスクホルダー


身のまわりにあるハンカチやキッチンペーパーなどにつけるだけで、何でもマスクに早変わりしてしまうという「マスクホルダー」は、マスク部の大きさを自由に変えられるため、大人サイズから子どもサイズまで対応できる優れものです。

マスクホルダーと平ゴム紐がセットになっており、使うときはハンカチのサイドにマスクホルダーをパチンととめれば、簡易マスクの完成です。


ホルダーに使⽤しているPVCレザーは、はっ⽔加⼯や防汚加⼯が施されているため、お⼿⼊
れも簡単。布を変えるだけで毎日使うことができますね。

<セット内容>
マスクホルダー×4枚
平ゴム紐×4本
1,100円(税込)で販売中です。

バンダナにひっかけるから耳が痛くならないマスク

一日中マスクをつけていると耳の後ろが痛くなる…という声もよく聞きます。そのうちなんとなく頭も痛くなってきた…ということも。

そんな悩みに答えるアイデアマスクを発見しました。

バンダナ部分にボタンがついているためゴムを耳にかける負担がないのが特徴。中面は綿100%の日本製サラシを採用。何度も繰り返し洗って使用できるそうです。

同柄マスク(洗い替え用×2枚)+耳にゴムをかけられるバンダナ1枚のセットが送料・税込み1,078円で販売中です。

オンライン帰省や母の日ギフトにマスクのプレゼント

通常であれば多くのかたが帰省や旅行を楽しむゴールデンウイークですが、今年は「オンライン帰省」という過ごし方が提案されていますね。

そんなとき、手土産の代わりにマスクのプレゼントを贈るという手もありかもしれません。

こちらの上品なデザインのマスクは発売後、インスタグラムに投稿してから2時間で完売となったそう。

ウェディングアイテムの専門店がつくるマスクは国産の上質綿100%刺繍生地を使い、1点1点手作業で製作しているそうです。

レースやパールを使った上品なマスク「母の日ボックス」は3,850円(税抜)で販売中です。

50万枚完売!おしゃれパパにおすすめ「シャツ屋がつくるマスク」

メーカーズシャツ鎌倉がつくる「シャツ屋がつくるマスク」は、きれいな色のシャツ生地を使ったオシャレなマスクが話題に。3枚セットを2,750円(税込)で販売し、6日間で50万枚を完売。

現在は受付を停止していますが、資材が整い次第、マスク予約再開予定だそうです。

いかがでしたでしょうか。

日本中のメーカーがアイデアを凝らしているマスクをご紹介しました。日々の暮らしを楽しく過ごせるアイデアを、サンキュ!編集部はこれからもご紹介していきたいと思います。

文/サンキュ!編集部