韓国人4人、アメリカ人1人、香港人1人、タイ人1人の7人で構成されたボーイズグループ「GOT7」。彼ら初となる日本での夏のツアーのなかから、2019年8月に兵庫県・神戸ワールド記念ホールで行われたライヴの模様を収録したのが本作だ。

 テーマはDVDのタイトルどおり「LOOP」。ステージに大きく掲げられた∞の記号は「めぐりあう運命の愛」をイメージしているのだとか。一曲目からいきなり曲中でじゃんけん、そしてボトルをひっくり返すゲーム?が始まったり、その後のMCでは日本語を中心にファンへの甘い語りかけが続いたりと客席へのサイドストーリー的サービスがふんだんに用意されていて、目が離せない。割とMC多め、MC中のアカペラ多めなのは、「パフォーマンスの合間に見せる素の表情」がウケる日本公演ならではなのだろうか。

 じつは日本オフィシャルファンクラブが2020年7月31日をもって閉鎖されてしまうなど、岐路にあるともいえる状況での本作リリース、そして今月末には「カムバック作」ともいわれる4枚目のフルアルバムが発売される予定だ。かくいう私はこのタイミングではじめて知り、出合ってしまったことを「運命」と捉え、ここからの先の“ガッセ(GOT7の愛称)”も見守っていきたいと思う。

(Epic・7593円+税)=玉木美企子