田畑を荒らすなどして駆除されたイノシシなどを丸ごと餌として飼育動物に与える「屠体給餌(とたいきゅうじ)」の取り組みが、国内の動物園で広がっている。飼育されている肉食動物にとって、野生で狩りをする感覚が呼び覚まされ、ストレスの軽減につながる効果が注目される。捕獲動物の廃棄を少しでも減らし、獣害問題について広く考えてもらう狙いもあり、支援団体、ジビエ業者といった幅広い連携が生まれている。(共同通信=永井なずな)

 ▽ヒグマが生き生きと

 アイが立ち上がってイノシシに食らいつくと、エリコも負けじとうなり声を上げて手を伸ばした―。

 茨城県日立市のかみね動物園は2月、雌のエゾヒグマの食事として、駆除されたイノシシを与えるイベントを企画した。飼育員の山下裕也(やました・ゆうや)さん(29)は、「慣れていないために上手に食べられずに終わることも想定していた。2頭の生き生きした姿には感激した」と話す。

 山下さんによると、野生のヒグマは餌を探して何キロも歩き回ったり、仕留めた動物の毛皮をはいだり肉をかみ切ったりと主要な活動を食事関連の時間に費やしている。一方、決まった時間と量で餌を提供する動物園では、運動量が少なく退屈な時間も長くなるため、「ストレスがかかりやすく、囲いの中を無意味に行ったり来たりするといった異常な行動を引き起こすことがある」。他園の取り組みを知り、かみね動物園でも屠体給餌を試すことにした。

 「残酷な行いではなく、動物のためを考えた取り組みということを伝えたい」と、来場者向けの解説や資料を準備した。当日、肉片を鼻先で転がし楽しげに食事する2頭の様子を、多くの見学者が真剣に見守った。「動物にとって貴重な機会と分かった」「説明が丁寧で、子どもも怖がらず意味を理解できた」。終了後のアンケートは好意的な感想が並んだ。

 ▽ジビエ業者から出荷

 2017年に設立され、屠体給餌への理解促進や動物福祉の向上に取り組む民間団体「ワイルドミートズー」(福岡市)によると、欧米では屠体給餌は珍しくない。国内でも釧路市動物園(北海道)や盛岡市動物公園、京都市動物園、熊本市動植物園など各地で始まっており、ピューマやライオン、ホッキョクグマ、ユキヒョウといった様々な動物で実施した。

 団体の大渕希郷(おおぶち・まさと)副代表(38)は「餌用の肉は通常、食べやすいブロック状にしてビタミンなどを補充している。栄養は十分だが、運動量や刺激が少なく動物の心は満たされない」と話す。

 飼育動物ができるだけ苦痛を受けず快適に生活できるようにする「動物の福祉」の考え方に基づき、「単なる珍しいイベントで終わらせず、目的や効果を見学者に理解してもらうことが大切」とも指摘。田畑がシカに荒らされるといった被害が近年深刻化していることを踏まえ、駆除された個体の活用を来場者に見てもらい、獣害問題を考える機会にもつなげたい考えだ。

 駆除動物の食肉加工や販売を行う福岡県糸島市の「糸島ジビエ研究所」は18年、駆除されたイノシシやシカを動物園へ提供し始めた。感染症予防で内臓や頭部を取り除き、低温殺菌や凍結処理した上で出荷。約30頭をこれまでに扱い、注文は年々増えている。

 研究所では、持ち込まれた健康な動物は全て食肉加工しているが、保管場所の都合などで処分になるケースは各地で少なくないという。代表の西村直人(にしむら・なおと)代表(25)は「廃棄になってしまう捕獲動物が少しでも減ってほしいとの思いから、屠体給餌の広がりに期待している」と話した。