13億6600万人の人口を抱えるインドは、新型コロナウイルスの感染防止対策として3月下旬から全土でのロックダウン(都市封鎖)を続けている。必需品の販売店を除く全商業施設が閉まり、鉄道やバスといった公共交通機関だけでなくタクシーも利用できなくなった。こうした規制は5月4日に一部緩和されたものの、現地の医療体制への懸念から日本企業の駐在員が退避する動きが相次ぐ。封鎖から間もない現地の状況について報告する。(NNAインド編集部=榎田真奈)

 ▽ゴミあさるイノブタ

 オフィスや自宅があるハリヤナ州の街グルガオンは、人口200万を超す近代的な都市。隣接するニューデリーと合わせ「首都圏エリア」と呼ばれることが多い。日本をはじめ外資系企業が入るビルや通勤する人たちのマンションが立ち並び、成長するインドを象徴する活気ある街だった。ラッシュ時には渋滞する車であふれ、インドではあいさつ代わりのクラクションの音が響いていた。

 封鎖後、街から人が消えてしまった。商業施設やオフィスビルは全て閉鎖となり、警察官が交差点で必須でない車や人の移動がないかどうか監視している。人通りのない道路で4匹のイノブタの群れがゴミをあさっている。ビルが立ち並ぶ大通りから離れた場所にある住宅街に行くと、アパートのベランダや一戸建て住宅の庭で電話をしている人の姿をようやく見かける。ほぼ全ての会社員が在宅勤務となっており、緊急事態宣言が出ても多くの人が出歩いている日本とは対照的だ。

 全土封鎖3日目の3月27日に外出した。大気汚染が深刻なグルガオンでは見たことがないくらい澄んだ青空が広がるようになった。封鎖により自動車の往来がほぼなくなり、空気がきれいになったようだ。

 外出の目的は開いているスーパーを探すこと。普段は自動車での移動に頼りきり、自宅から遠い大型スーパーで買い物していたので、近所にどんなスーパーがあるのかを十分に知らなかった。歩き続けること約30分。小規模のスーパーの棚には空きが目立つ。さらに30分以上歩く。ショッピングモールにある食材店に入ると店主から「今なら酒は全品10%オフだよ」と声をかけられる。グルガオンでは酒類の販売停止が決まり、「この店もあと3日で酒類の販売を停止する」という。スーパーでは入店人数が制限されており、30分ほど待った。物流が滞っているとの報道もあり、これまで通り必要な生活用品や食料が手に入るか不安が残った。

 ▽デマ情報が拡散

 「経済的打撃を伴うが、インドを救うには封鎖が必要」。3月25日午前0時に始まった全土封鎖は、モディ首相による前夜の演説で突然明らかになった。生活必需品の販売や電力といった生活に不可欠なサービスを除き、一切の経済活動を停止。演説後、封鎖前に食料や生活用品を確保しようとする人がスーパーなどに押しかけ列をなした。「明日はスーパーが開くのかわからない」という不安からだ。

 都市から地方へ戻ろうとする出稼ぎ労働者が後を絶たない。地元紙タイムズ・オブ・インディアによると、モディ首相が4月に入り「封鎖を5月3日まで延長する」と発表した後、職を失った労働者がインド西部の商業都市ムンバイのバンドラ駅に集まった。「政府が地方への列車を運行する」という誤った情報を聞きつけたからだ。この駅は感染拡大が懸念された地域にあるが、10分程度で周辺のスラムなどから押し寄せた人は1500人以上に増加。「スラム(の住宅)に払う家賃さえない」といった声を上げた。一部の行動が過激になったため、警察は食料を配るなどして沈静化を図った。

 ムンバイがあるマハラシュトラ州では、故郷に向かう出稼ぎ労働者らのために設置したキャンプが4月8日時点で4653カ所に上った。55万人の出稼ぎ労働者たちに食料などを提供しているが、足りていない。インド北東部の農村では、外部からの進入を防ぐため独自にバリケードを築く村があり、故郷の家にたどり着けない人もいるという。「異教徒が故意にウイルスを広めている」という根も葉もないうわさから暴徒がなだれこみ、死傷者が出た村もある。

 インドの農村における貧困層は推定2億6000万人。政府は救済策を打ち出しているが、現金給付や食料の配給を隅々まで行き渡らせるのは難しい。政府からの送金を引き出しに外出した人々を警察が殴打する場面に遭遇した女性は「自分の命のために走って逃げた」と話した。

 ▽日本の駐在員は退避

 4月に入り、日本へ帰ることにした。インド政府が国際線の旅客機の着陸を禁止している中、日系航空会社2社は、帰国を望む在留邦人に向け東京に向かう臨時便を運航していた。4月8日の便はニューデリーの空港を出発する最後の臨時便だった。

 NNAはアジアに進出している日系企業向けにビジネスニュースを配信している。NNAがアジアの駐在員を対象に4月中旬に実施した調査で「社員が日本に退避した・退避中」と「退避の準備を進めている」を合わせた回答はインドが78・5%と国・地域別で最も高かった。公共交通機関が利用できず、生活していくのが容易でなくなった。現地の医療施設への懸念もある。

 出発当日、空港までは、特別に手配した運転手の車を利用した。タクシーや配車アプリさえも使えないためだ。空港に行く途中にある州境は封鎖されており、通過には特別な認可が必要だった。在インド日本国大使館は、空港まで車で移動する日本人のために発行した文書と、インド外務省の文書と合わせて掲示することで、州境を通過できることになっている。高速道路の料金所前に警察がバリケードを張っていた。検問かと緊張が走るも、ドライバーが「空港に向かう」と言うだけで、あっさり首を横に振った。インドの「OK」の合図だ。高速道路に入りしばらく走ると、2度目のバリケード。ここも「空港に向かう」と伝えるだけで通してくれた。日本人を乗せた自動車は簡単に通れるようだ。

 空港の敷地内に入るところでまた検問があった。ドライバーと警備員がヒンディー語でもめだした。英語で内容を尋ねると「今日はフライトがない」という。家に引き返さなくてはならない事態を考えて、ドライバーを空港に待機させておくよう指示され、思わずチケットと今日の日付を確認する。いや、間違いなく今日だ。不安を感じつつターミナルに着くと、既に日本人の乗客が集まっていた。チェックインカウンターのインド人スタッフからは「日本に着いたら14日間外出を控えるように」との指示があった。

 午後6時ごろ、無事に離陸し、羽田空港に到着したのは翌日午前5時前だった。入国審査でスタンプを押してもらい、到着ターミナルのベンチに座って「無事に帰国できた」とほっとした。