【兵庫】震災で出動の消防艇 役目終え引退

【兵庫】震災で出動の消防艇 役目終え引退

阪神淡路大震災の際の消火活動などにあたった神戸市消防局の消防艇「4代目たちばな」が、老朽化のため引退しました。

「4代目たちばな」は、1991年に運用を開始した消防艇で、1995年の阪神淡路大震災を経験した神戸市消防局所有の最後の消防艇です。震災の際に出動して消防車に海水を送るなど、26年間、神戸の港を守り続けてきましたが、エンジンや外装の老朽化に伴い、新しく導入された消防艇「たかとり」に役目を引き継ぎました。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ABC NEWS 関西ニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

17時00分更新

兵庫のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索