【大阪】森友問題 検察審査会に不服申立て

【大阪】森友問題 検察審査会に不服申立て

森友学園への国有地売却をめぐる問題で、関係者が不起訴となったのを不服として、豊中市議らが検察審査会に審査を申し立てました。

木村真・豊中市議や弁護士らは、国有地が森友学園に8億円あまり値引きされ払い下げられた問題で、関係者を背任容疑で刑事告発していましたが、先月、大阪地検特捜部は起訴しないことを決めました。木村市議らは「背任を裏付ける事実関係は多数存在している」などとして、検察の処分が妥当かどうか市民が審査する検察審査会に判断を委ねました。木村市議は、会見で「なんでこれで背任にならないのか、いくら説明されても理解できない。何やってもええんか、この国は」と語りました。今後、検察審査会が「起訴すべき」と判断すれば、検察は改めて処分を検討することになります。

関連記事

おすすめ情報

ABC NEWS 関西ニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索