【京都】大相撲あいさつ中に倒れた舞鶴市長が退院

【京都】大相撲あいさつ中に倒れた舞鶴市長が退院

4月に京都府舞鶴市で行われた大相撲巡業であいさつ中に倒れくも膜下出血で入院していた市長が14日退院しました。

舞鶴市の多々見良三市長(67)は約2ヵ月ぶりに元気な姿を見せました。多々見市長は4月、大相撲春巡業舞鶴場所の土俵上で、あいさつ中に突然倒れました。女性2人が救命措置のため土俵に上がった際に、日本相撲協会の関係者から「女性の方は土俵から下りてください」とのアナウンスが流れ、波紋が広がりました。多々見市長は「本当に感謝しています。(女性は)私のことも知っているので、倒れているのに知らん顔はできないとすぐに上がってきたんだと思います」と話しました。多々見市長は2、3週間ほど自宅で療養したあと、公務に復帰する予定です。

関連記事

おすすめ情報

ABC NEWS 関西ニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索