【大阪】籠池前理事長自宅の競売公告

学校法人「森友学園」の前理事長・籠池被告の自宅について大阪地裁は14日、強制競売の入札の実施を公告しました。

詐欺罪などで起訴され、先月保釈された籠池泰典被告(65)。これまでに森友学園側が籠池被告の経営責任を追求する中で、損害賠償請求できる額の査定を求め、大阪地裁が約10億3000万円と認定。その賠償の一部として、「森友学園」の管財人が大阪府・豊中市にある籠池被告の自宅の競売を申し立て、今年2月に強制競売の開始が決定していました。大阪地裁は14日、競売の入札の実施を公告。期間は6月28日から7月5日までで、約196平方メートルの土地と、木造2階建ての建物を合わせた売却の基準額は2138万円です。開札は7月11日で、7月18日にも売却されるかどうかが決まります。

関連記事

おすすめ情報

ABC NEWS 関西ニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索