【兵庫】神戸市が豪雨で土砂崩れの住民説明会

【兵庫】神戸市が豪雨で土砂崩れの住民説明会

西日本豪雨による土砂崩れで、避難指示が今なお続く神戸市灘区の住宅地について、市が住民説明会を開きました。

6日に土砂崩れが発生した神戸市灘区篠原台では、一部地域で避難指示が続いているため自治体がボランティアを派遣できず、きょうも住民らが土砂の撤去作業にあたっています。きょう開かれた市の説明会では「避難指示の解除にはまだ1ヵ月以上かかる」と説明があり、集まった住民からは不満の声が上がりました。住民は「ここまでにこうしますというそういう話はなかった」「避難生活していると早くできるだけ家に戻りたい」と話しています。猛暑の中での復旧作業が続き、住民の表情には、疲労の色が、日に日に濃くなっています。


関連記事

おすすめ情報

ABC NEWS 関西ニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

兵庫 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索