国に届け出をせず、再生医療の目的で脂肪幹細胞を培養した疑いで、大阪医科大学の講師だった医師の男ら2人が逮捕されました。

大阪医科大学の元講師・伊井正明容疑者(52)は逮捕前「(Q.再生医療の件でお伺いしたいのですが?)ちょっと弁護士に止められているので。(取材は)全部断っているので。また時期が来たら」と話していました。伊井容疑者と製薬会社・元従業員の濱園俊郎容疑者(62)は、去年春ごろ、国に届け出をせずに大学の研究施設で知人男性(82)と、その知り合いの女性(47)から脂肪幹細胞を採取して培養した疑いがもたれています。伊井容疑者は逮捕前、ABCテレビの取材に対し「濱園容疑者から頼まれて『試験』を目的に再生医療を行ったが、届け出は必要ないと思っていた」と話していました。伊井容疑者は、培養した脂肪幹細胞を女性(47)に対し、アンチエイジング目的で投与したとみられ、警察は、伊井容疑者の動機などを詳しく調べています。