女子児童の体に触ったことを男子児童に指摘されて腹を立て、体罰を加えた兵庫県姫路市の小学校教師が、あわせて16人の児童の体を触っていたことがわかりました。

姫路市の公立小学校の50代の男性教師は、去年11月、新人教師の指導で別の小学校の3年生の授業に立ち合った際、女子児童の姿勢を正そうと体に触りましたが、別の男子児童に「嫌がってる」などと言われて腹を立て、男子児童に体罰を加えて全治2週間のけがをさせました。その後、学校がこのクラスの児童25人全員にアンケート調査をしたところ、16人が「男性教師から肩や背中などを触られた」と答え、うち10人が「嫌だと感じた」と答えていたことがわかりました。教育委員会は、今後、聞き取り調査などを行い、処分を検討するとしています。