大阪府は、LGBT・性的少数者のカップルを夫婦に相当するパートナーとして認める制度を、今月始めると明らかにしました。

大阪府の吉村知事は、一方、または双方がLGBT・性的少数者の成人カップルを夫婦に相当するパートナーとして認める「パートナーシップ宣誓証明制度」を22日から導入すると発表しました。都道府県では茨城県に続き2例目で、パートナーになれば親族や事実婚の相手に限られていた府営住宅の同居や、府立病院での手術の同意書の記入などが認められます。府の人権局に予約をしたうえで、カップルで訪れ、宣誓書に署名するとパートナー証明書を受け取ることができるといいます。