滋賀県大津市で園児ら16人が死傷した事故の裁判で、ANNが放送した被告の女へのインタビュー内容を受け、午後の判決言い渡しの前に、弁論が再開される見通しであることがわかりました。

新立文子被告(53)は、去年5月、大津市の交差点を右折した際に直進車と衝突し、歩道の園児ら16人を死傷させたとして起訴されました。また、保釈中に男性にストーカー行為をした罪にも問われ、禁錮5年6ヵ月が求刑されています。新立被告は先月、ANNの単独取材に応じ、直進車の運転手が不起訴になったことなどに不満を述べていました。「もしも、その時に(事故の時に)せめて(直進車が)減速、あるいはブレーキ・・・があったら」。被害者側の弁護団によりますと、検察は、この放送を受け、被告の主張が法廷での主張と食い違っているなどとして、午後の判決言い渡しの前に弁論の再開を裁判所に申し立てる方針です。裁判所も、これを認める方向で調整しているとみられ、求刑後に弁論の再開が認められれば異例の措置となります。