和歌山県那智勝浦町で節分に向けた準備が進んでいます。

熊野那智大社では、厄除けの「鬼面札」作りが進められています。約50年にわたって使用されているこの絵柄。赤鬼と青鬼が、しめ縄の中に封じ込められています。この鬼面札は、祈祷を受けた参拝者らに授与される他、1枚500円で販売されます。節分までに2000枚が刷り上げられるということです。