大津市で園児ら16人が死傷した事故で、判決が延期となる異例の事態です。

新立文子被告(53)は去年5月、大津市の交差点を右折する際、考え事をしていて安全確認をせず、対向車と衝突。歩道の園児ら16人を死傷させ、さらに、保釈中に男性にストーカー行為をした罪に問われています。新立被告は先月、求刑の後に「キャスト」の単独取材に応じ、事故について対向車の運転手が不起訴になったことに不満を述べていました。「もし、事故の時にせめて(直進車が)減速、あるいはブレーキがあったら(良かった)」(新立被告)。このインタビューを受けて、大津地裁では16日の判決言い渡し前に、被害に遭った園児の家族らが再び意見陳述をする「異例の展開」となりました。さらに、大津地裁は16日、審理を続ける必要があるとして、判決の言い渡しを延期することを決めました。