大津市で園児ら16人が死傷した事故を起こしたとされる女の裁判で、16日に予定されていた判決言い渡しが延期される異例の事態となりました。

新立文子被告(53)は、去年5月、大津市の交差点を右折する際に対向車と衝突し、歩道の園児ら16人を死傷させたとして起訴されました。また、保釈中に男性にストーカー行為をした罪にも問われ、先月、禁錮5年6ヵ月が求刑されていました。16日、予定されていた判決で、検察は「キャスト」が放送した被告の主張内容が法廷での主張と食い違っているとして、弁論の再開を求め認められました。新立被告は「事故のことがあるので、100%自分が悪いと言うよう弁護士に言われた」などと述べ、法廷で言いたいことを言えなかったと主張。裁判は3度にわたり休廷となり、最終的に弁護側が「起訴内容について認否を含めて争いたい」と主張。大津地裁は審理を続ける必要があるとして、判決言い渡しの延期を決めました。