奈良県で行方不明になっていた少女が16日朝、東大阪市内で保護され、少女の姉ら男女3人が未成年者誘拐の疑いで逮捕されました。

警察は高校1年の少女(16)が保護された東大阪市の住宅に住む少女の姉(21)と、同居している女(24)、2人の知人で和歌山市に住む男(30)の3人の容疑者を未成年者誘拐の疑いで逮捕しました。今月9日、少女は知人女性2人と葛城市内の病院を訪れた際「トイレに行く」と言って行方がわからなくなっていました。警察によりますと3人は少女からの連絡を受けてレンタカーに乗せて連れ去り、翌10日に警察が尋ねた際「会ってもいないし来てもいない」などと話していたということです。逮捕後はいずれも容疑を認めています。少女にけがはなく、警察に対し「今の生活が嫌だった」という趣旨の説明をしているということです。