深海に生息するサメの一種で「生きた化石」とも呼ばれる「ラブカ」が、和歌山県太地町沖で捕獲されました。

捕獲された「ラブカ」を引き取った串本海中公園水族館によりますと、16日の朝、太地町沖で漁をしていた男性が、水深550メートル付近で釣り上げたといいます。体長は1メートル20センチほどでオスとみられます。「ラブカ」は通常、深海1000メートルから5000メートル付近に生息していて、生きたまま捕獲されるのは珍しいということです。