兵庫県新温泉町では、冬の風物詩「かき餅」の生産がピークを迎えています。

2ミリほどの薄さに切り、冷え込みの厳しいこの時期に4週間ほどかけてじっくりと乾燥させます。地元のもち米を使い、味は黒豆やエビなど6種類。それぞれに塩味と砂糖味があり、素朴な味わいが人気です。1連40枚のかき餅を今年は3000連作る予定で、作業は来月中旬まで続きます。