去年7月、大阪府高槻市の倉庫で起きた爆発火災で、死亡した3人を含む、5人が書類送検されました。

書類送検された工具通販会社の男性社員(当時36)ら5人は去年7月、高槻市の倉庫でスプレー缶約2160本に穴を開けて処分する際、注意義務を怠ってガスを漏らして引火させ、中学1年の男子生徒(13)に大けがをさせたなどの疑いが持たれています。この爆発火災で、作業にあたっていた男性社員ら3人が死亡しました。男性社員は事故の前に「スプレー缶を廃棄するための費用を安く抑えたい」と話していました。警察は、工具通販会社など3つの法人も書類送検しています。