釈迦の命日とされる15日、京都の清水寺では、釈迦の入滅を描いた「大涅槃図」が一般公開されています。

清水寺では、釈迦が亡くなったとされる2月15日に、毎年、釈迦の遺徳をたたえる法要「涅槃会」が行われています。法要が行われた経堂には、釈迦の入滅を描いた、縦が約4メートル、横が約3メートルの「大涅槃図」が掛けられました。「大涅槃図」は、江戸時代の狩野派の画家・山口雪渓(やまぐち・せっけい)が描いたもので、年に一度、法要に合わせて一般公開されています。読経の声が響くなか、訪れたたくさんの人が静かに手を合わせていました。大涅槃図は2月24日(月・祝)まで、午前9時から午後4時の間、一般公開されます。