奈良県警の50代の巡査長が女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑いで逮捕されました。

逮捕された奈良県警の50代の巡査長は、21日、午後5時半ごろ、奈良県香芝市の近鉄・五位堂駅構内のエスカレーターで、専門学校生の10代女性のスカートに、盗撮しようとスマートフォンを差し入れたとして、迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。目撃した男性会社員が、その場で取り押さえました。奈良県警によりますと、巡査長は精神疾患のため去年12月から休職中でした。調べに対して巡査長は「間違いありません」と容疑を認め「本当にごめんなさい」と話しているということです。奈良県警の中西和弘首席監察官は「捜査の結果を踏まえて厳正に対処し、再発防止に努めます」とコメントしています。