新型コロナウイルスへの警戒が続く中、京都の寺では従来と異なった形式で彼岸の法要が営まれました。

京都市下京区の龍岸寺では、庭先にいすや祭壇を置き、風通しのよい環境で法要が営まれました。この寺では従来締め切られた本堂で法要を行っていましたが、政府の専門家会議が密閉空間などでの集会を避けるよう求めていることから、今回、屋外での実施を決めました。池口龍法住職は「こういう苦しい時だから」「助けてくださいという気持ちを持てる場所をなんとか残すことができないかなと」と話しました。参列者はマスクを着用して静かに手を合わせていました。