3人が新型コロナウイルスに感染した、京都府の福知山市民病院で外来診療が再開されました。

23日、外来診療が再開された福知山市民病院では、発熱の症状がある人には入り口で聞き取りをするなどの対応が取られています。7日に女性介護福祉士が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、その後、看護士(20代女性)と入院患者(70代女性)の感染も判明し、病院は、外来診療や入院の受け入れを休止していました。消毒作業や、入院患者など濃厚接触者への検査が終了し、23日の再開となりました。外来患者は「本当にうれしかったです。一番に来ました」「地域の基幹病院が再開されて本当によかった」と話していました。