液体状の大麻をカナダから国際郵便で密輸しようとしたとして男ら3人が逮捕・起訴されました。

松下繁史被告(38)ら3人は去年電子たばこで使えるよう液体状に加工した大麻、約200グラムをカナダから国際郵便で密輸しようとした罪に問われています。押収された液体大麻は、注射器に小分けされ紙などで5重に包まれていました。宮本記者は「今回摘発された液状大麻は従来のものに比べて濃度が高いとされる」と報告しました。大阪府内では液体大麻など、大麻とわかりづらい加工品の密輸が増えていて、大阪税関が警戒を強めています。