関西で26日、新たに12人が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、他にも感染が確認されていた兵庫県姫路市の80代の男性が死亡しました。

大阪府では20代から70代の男女7人が感染し、このうち吹田市の70代の男性はノルウェーとフィンランドを旅行し帰国後の21日に発熱などの症状が出たということです。京都府では男女3人の感染が確認された他、兵庫県伊丹市と滋賀県野洲市でそれぞれ1人の感染が確認されました。また、兵庫県姫路市で感染が確認された後26日に死亡した80代の男性は、院内感染が起きている仁恵病院に勤務し感染した女性看護師(50代)の父親で、肺炎の症状が悪化して亡くなったということです。