大阪府立大学と大阪市立大学が統合してできる新しい大学の名前が、「大阪公立大学」に決まりました。

新しい大学の名前は「これまでの歴史とブランドにふさわしく、多くの人に納得してもらえる」という理由などから「大阪公立大学」に決まりました。大阪城の隣りにある森之宮地区の市有地に約1000億円かけて新たなキャンパスを構える方針で、入学定員は約2800人と、全国の国公立大学で3番目に大きな規模になる予定です。松井市長は「世界中の人が、若い研究者、学生がスキルアップできる研究の中身を作っていってもらえることを期待しています」と話しました。大阪公立大学は世界大学ランク200位以内を目標にし、2022年4月の開校を目指します。