大阪府警は、運転免許の更新業務を全国で初めてインターネットの予約制にして、来月1日、全面再開します。

大阪府内での運転免許の更新業務は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて29日現在、一部休止となっています。大阪府警は、密集を避けるために全国で初めてインターネットの予約システムを導入し、7月1日から全面的に業務を再開します。府警のホームページで公開されているQRコードなどからアクセスして、29日から予約可能です。1日の受付人数は当面の間、従来の半数の約3500人にとどめられます。運転免許の有効期限が9月30日までで予約が取れない人は、3ヵ月の延長手続きを受けることができるということです。