1日幕を開けた京都の祇園祭。今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して儀式が行われました。

午前10時前、京都市東山区にある八坂神社の本殿で長刀鉾保存会の代表理事ら3人がお祓いを受けました。例年は、山鉾巡行で先頭の長刀鉾に乗るお稚児さんが神社に参拝し、本殿の周りを3周する「お千度の儀」。今年は新型コロナウイルスの影響で巡行が中止となり、お稚児さんも選ばれなかったため、役員のみで祭りの無事を祈りました。また、それぞれの山や鉾では祇園祭のはじまりの儀式「吉符入り」を迎え、菊水鉾では人数を例年の5分の1に減らし式典を執り行いました。疫病退散の縁起物である「厄除けちまき」は、会所の中をパーテーションで区切るなど感染対策を徹底して2日から販売されます。