大阪・道頓堀では新型コロナの感染拡大で経営が悪化している外食産業を盛り上げようと1日、PRイベントが行われました。

大阪では新型コロナの感染拡大の影響で有名店が閉店するなど外食産業の経営が悪化しています。「食のまち・大阪」を再び盛り上げようと企画されたイベントには吉村知事や松井市長らが参加し、外食の楽しさをPRしました。吉村知事と松井市長はそれぞれ「感染症対策をやりながら大阪を元気にしていきたいのでみなさんで盛り上げていきましょう」「ぜひ大阪で食を楽しんでいただきたい」と話しました。道頓堀では、訪れた人が路上で飲食を楽しめるよう、道ばたに椅子やテーブルを設置する取り組みが1日から始まっています。