指原莉乃とお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#130(毎週火曜21時〜)が14日、AbemaTVにて放送。遅刻してきた出演者に、指原が仏のような寛容さを見せた。

 いつもはメイクをバッチリ決めてスタジオ入りするホスト・ひょうごっちべいべーだが、この日はすっぴんで現れ、「遅刻しました」と告白。ベーシスト・ITARUも遅刻のため、まだスタジオに到着していないグダグダぶりだが、指原は「きょうは2人遅刻してきたんですって」「私がスタジオ入って、ブラマヨさんを待ってる時に、(ひょうごっちべいべーが)サーッと入ってきた」とあっけらかんと明かした。吉田は「野犬の集まりみたいなもん」とと表現して笑いを誘い、指原は「来てくれただけで!」「集まってくれるだけで、ありがたいですよね!望みすぎない」と、まるで遅刻を気にしない様子で温かい言葉を掛けた。

 遅刻してきたITARUが「バンドで旭川に行ってたら、ホテルで心霊現象があって全然寝れなくて。家に着いたら安心しすぎて(寝坊して)しまった」と言い訳した際も、指原は「今は、『野生のカンが働いた話』をしてもらってます!」と、スタジオトークの状況を説明する神対応も見せた。

 指原の寛容さに甘えてか、しまいにはトイレのために中座する出演者まで出現。それでも指原は怒ることなく、「地獄のような現場。ナニコレ〜!」と笑い、小杉は「年少組のクラスやんか」とトホホ顔を浮かべていた。