11日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、大金を手にしながらも借金を返さない若手芸人のエピソードに竹山が驚愕した。

 番組では「2020年、クズ芸人にもいよいよ第7世代が台頭。今夜、若いエリートクズ芸人がレジェンドクズに引導を渡す」というテーマで、ゲストにお笑いコンビ・ちぐはぐの2人と、ゴールドジョージ・ジョージ、ピン芸人の岡野陽一が登場。番組レギュラーのスパローズ・大和一孝とともにトークを展開した。

 まずは自己紹介として、ゲストは各々のクズエピソードが書かれたフリップを掲げた。ジョージのフリップには「借金1000万 月収は3万」「3000万円儲けたが…」と、意味深な文言が並んでおり、番組レギュラーの古関れんは「意味が分からない」と困惑している様子。

 芸歴10年目になるというジョージだが、現在は遺品整理のアルバイトで月に3〜4回、日当の8千円を稼いでいるだけだという。芸人としての収入はゼロとのことで、消費者金融や友人などから借りている金については「返してないです」と即答した。

 気になる「3000万円を稼いだ件」については、これは仮想通貨で稼いだとのこと。パチンコや競馬で増えたお金を元手に投資をしたところ、1年ほどで3000万円にまで増えていったという。

 投資によって多額の資金を手にすることができたジョージだが、借金を返すために金を使うのが惜しくなり、換金した1500万円でアメ車を含む3台の車を購入したことを告白。借金を返すという発想のないジョージに、竹山は驚いて「クズだなー!」と単刀直入に言い放っていた。