アニメ「カードキャプターさくら」シリーズの木之本桜役や、ゲーム「ラブプラス」の小早川凛子役などで知られる人気声優・丹下桜が、アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」(通称「防振り」)に出演。マスコットキャラクターのドラぞう役を演じて、視聴者を驚かせた。

 同アニメは、夕蜜柑氏によるシリーズ累計70万部突破、PV数8000万超の人気小説が原作。ゲーム初心者ゆえにステータスポイントを防御力に極振りしてしまった、どんな攻撃も防ぐ大盾使い・メイプル(CV:本渡楓)が、ゲームの世界で“ノーダメージな大冒険”を繰り広げる。
 
 1月15日より順次放送中の第2話「防御特化とお友達。」から、ゲーム内のマスコットキャラクターであるドラぞうが登場した。ドラぞう役を演じるのは丹下桜で、まさかの豪華キャスティングにTwitter上では「丹下桜さん!?????」「丹下さんはなかなか不意打ちでした」「丹下桜だああああああああ」など驚きの声が相次いだ。「いつまでも可愛いお声ですね」という称賛の声もあり、視聴者は「カードキャプターさくら」(1998年放送開始)から変わらない丹下の甘い声を楽しんでいる様子だった。
 (C)2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会