指原莉乃とお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#133(毎週火曜21時〜)が11日、AbemaTVにて放送。エロメン・月野帯人が読み終わった本を焼き、Twitterが炎上したことを明かした。

 「嘘くさいけど本当の話」を語り合う中で、月野は「昔は本を読み終わったら破り捨てていた」と謎の習慣を告白。それが「サイコパス」と話題になりいったんは止めたものの、今度は「本を取っておくのが(場所が)もったいないから、焼いて捨てるようになった」とますますおかしな方向に。月野が「焼き読み」の件をTwitterにアップしたところ、普段は寛容な月野のファンたちも大批判、結果的に大炎上し、Twitterを削除したと明かした。月野は「だからみなさんも『焼き読み』はしないように……」と謎の注意喚起をした。

 読んだ本をわざわざ破ったり、丁寧に焼いてみたり。指原は「そこまでして本をどうこうしたいのはどうしてですか」と疑問を口にした。月野は「僕の中の正義がある。リサイクル(古本)に出すのが一番の害。欲しくなったら、また僕は結構買ってるんです」「だから僕は正しい読み方をしている」とポリシーを主張。また読みたくなったら買い直し、作者の収入に貢献しているという月野に、小杉は「発行部数が上がるからってことやんな」と理解を見せた。一方、吉田は「古紙回収ってわかる?」と冷静にツッコミ。月野は「破くことでストレス解消にもなる」と譲らなかった。