8日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、竹山がテリー伊藤から苦言を呈されたことを明かして苦笑する場面があった。

 オープニングトークで竹山は、今週について「また、不倫不倫不倫でしたね」と振り返った。正直飽き飽きといった様子の竹山だが、他局の番組で「もうそのネタ(不倫の話題)はいいんじゃないか」と発言することによって、お叱りを受けてしまうこともあるのだそう。

 すると竹山は『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、テリー伊藤が「あいつ(竹山)はいつも、反対側(の意見を)言うんだ!」と発言していた件をピックアップ。コメンテーターとしての態度をとがめられたとも言える出来事だが、竹山は「でも、おかしいなと思ったんですよね」と納得いかない様子。「ワイドショーでは『反対側を言うんだぞ』って教えてくれたのは、テリーさんだったんですよね」と苦笑いして見せた。

 しかしその後に関係が悪化することはなかったようで、「テリーさんとも仲良くやらせていただいております」と顛末を報告した。

 不倫騒動ばかりが取り沙汰されることについて「みなさんが楽しいと思えばいいんですけども」と語る竹山だが、「もうそういうの(不倫スキャンダル)を追わなきゃいいなって思うんですけどね。だから芸能人でも今、不倫をしている人とかはドキドキしているでしょうね。まあどうせ、いっぱいいるんでしょうね、好きになっちゃったらしょうがないですもんね。そういうのはわかるんですよ、僕も叩けばホコリの出る男ですから」と、自身の疑惑を匂わせつつ、持論を展開していた。