10日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、事故物件住みます芸人・松原タニシが連続殺人死体遺棄事件である「尼崎(あまがさき)事件」と関わる可能性のある、驚きのエピソードを披露した。

 この日は「東京23区の危ない魅力を発表 事件! 事故! スリル新生活SP」と題して、松原に加えて『東京裏23区』の著者・本橋信宏氏、事故物件口コミサイト管理人・大島てる氏、引越し会社を運営する芸人・たかくら引越センター、番組準レギュラーの仮面女子・川村虹花をゲストに招き、東京23区で「住みたい街」と言われるエリアの“裏側”を紹介していった。

 板橋区、ときわ台にあるディープスポット「縁切榎(えんきりえのき)」では、誰かの死を望む内容や、女性の執着から逃れるための切実な願いが書かれた「縁切り」の絵馬が奉納されていることを紹介。スタジオが重苦しい空気に包まれる中、松原はコメントを求められると「僕が昔住んでいた、大阪の谷町(たにまち)というところに、縁切り神社で鎌八幡(かまはちまん)という、鎌をご神木に突き刺すスポットがあった」と話を切り出した。

 正式名称は「円珠庵(えんじゅあん)」と呼ばれる寺院で、草を切る鎌を突き刺すご神木の横には絵馬を奉納できる場所があり、そこでは縁切榎と同様に「殺してください」「呪ってください」といった言葉が書かれているという。

 すると、そのなかに「スミダという女から、あの家族を救ってください」という絵馬があったそう。松原は「なんのことを書いているのかな?」と思っていたそうだが、絵馬を見た翌月に、連続殺人死体遺棄事件である「尼崎事件」が発覚。報道された主犯の名前が「角田(すみだ)美代子」だったと振り返った。

 実際に関係者が書いたものかは定かではないため、井戸田潤は「因果関係があるかどうかはわからないけど……」と語りながらも、松原の怖すぎるエピソードの披露に、スタジオの空気は凍り付いていた。