10日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、不思議な自動販売機があるという秋葉原の珍スポットを紹介した。

 この日は「東京23区の危ない魅力を発表 事件! 事故! スリル新生活SP」と題して、『東京裏23区』の著者・本橋信宏氏、事故物件口コミサイト管理人・大島てる氏、引越し会社を運営する芸人・たかくら引越センター、事故物件住みます芸人・松原タニシ、番組準レギュラーの仮面女子・川村虹花をゲストに招き、東京23区で「住みたい街」と言われるエリアの“裏側”を紹介していった。

 千代田区、秋葉原には「不可解すぎる不気味な自販機」があるという。秋葉原を拠点にしている仮面女子の川村も、この自販機は知っているそうで「けっこう有名ですよね」とコメントした。

 本橋氏によると「小屋があって、自販機がいっぱいあるんですよ。それでよく見るといろいろな文句が書いてあるんです」と説明。紹介された写真では、白い箱に入って中身がわからない状態になっているものが490円で販売されていた。この不思議な自動販売機の写真を指しながら、本橋氏は「オーナーが端数が好きなんですよ。490円とか635円とか」と説明した。

 外箱には本橋氏いわく「意味不明な文章」が書かれているという。内容を確認すると、強烈な下ネタ満載な内容となっており、小沢は「これなに、なにを言っているの?」と混乱をする中、井戸田潤は「なんだこれ!」と爆笑をしていた。

 「こういう香ばしいコピーがいっぱい入っている」と説明する本橋氏。ちなみに白い箱の中身はチョコレートなのだそうで、品質については「ちゃんとしてますよ、ちゃんとした味」とフォローしたが、井戸田は「チョコレートを売っているの? 意味が分からない」と困惑をした。

 また、川村によるとYouTuberの間でもこの自販機は有名で、自身も仮面女子の企画で訪れたことがあるという。その際には1000円ほどのカブトムシのオモチャ(?)を購入したそうで、小沢は「カブトムシ売ってるの?」と、販売のレパートリーに驚愕していた。