「約束のネバーランド」ノーマン役や「アイドルマスター シンデレラガールズ」神崎蘭子役などで知られる声優の内田真礼が、バレンタインのチョコレートは「100%買ったもの」をプレゼントすると語った。「下手とか思われたくないじゃないですか」と持論を展開している。

▶動画:下野紘、手作りチョコの良さを語る「男子的な意見としては…」

 「声優と夜あそび」水曜日は、下野紘(「鬼滅の刃」我妻善逸役や「進撃の巨人」コニー・スプリンガー役など)と内田真礼がMCを担当している。2月12日に生放送された同番組では、各曜日のMCに贈る手作りチョコレートを用意する企画が行われた。下野と内田はフリルのエプロン姿で、チョコペンでチョコレートにメッセージを描いていった。

 その後、「バレンタインのチョコは手作りor買ったもの、どちらが嬉しいですか?」という質問が視聴者から寄せられた。内田は、「私があげるとしたら、100%買ったものです。だから、さっきのチョコはすごくレアです。まず手作業したものを自分が持っていくのは恥ずかしい。下手とか思われたくないじゃないですか」と本音を明かした。しかし、下野は、「いやいやいや……。そういうことじゃないんだよな。男子的な意見としては手作りだと思うわけ」「どれだけの思いがこもっているかが大事だから」と主張した。

 下野は、「思いが詰まっていれば手作りでも買ったものでもいい」と強調しつつも、やはり手作りチョコレートを贈られる嬉しさはあるらしい。「『板チョコを溶かして固めるだけで、自分で作ってないじゃん』って話をするやつもいるけど、そういうことじゃないんだよ!全然いいの!」という下野の言葉を聞いて、内田も「不器用な子でもチョコを作ってくれたら嬉しいってことですね」と頷いていた。内田が「手紙とか付けるといいかもしれない」と言うと、下野も「手紙は絶対良い!」と即答した。

 チョコレートは買う派の内田は、「女子はわかると思いますけど、チョコレート売り場ってめっちゃ楽しいんですよ。めっちゃ楽しい!」と熱く語った。下野が「選ぶのも楽しいんだ!」と納得した表情を浮かべると、内田は、「そこで自分が買いたいものも買うんですよ」「女の子が楽しむためのバレンタインになっているとも思う」と返した。

(AbemaTV/『声優と夜あそび』より)