アニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」第12話でキュゥべえ(CV:加藤英美里)の名ゼリフ(?)が飛び出し、反響を巻き起こしている。

▶本編:キュゥべえの名セリフ(?)再び!「マギアレコード」#12(17分頃〜)

 同アニメは、2011年に放送された大ヒットアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」(以下「まどマギ」)を元にした、スマートフォン向けの同名ゲームが原作。魔法少女とウワサが集まる神浜市を舞台に、願いの成就と引きかえに戦う魔法少女のひとり、環いろは(CV:麻倉もも)が失われた願いを求めるストーリーだ。

 3月21日より順次放送中の第12話「どうしてこんなにみじめなんですか」で、いろはたちは「今まで戦ってきた魔女は、魔法少女の成れの果て」という真実を知った。キュゥべえが七海やちよ(CV:雨宮天)たちに語りかけた「やがて魔女になる君たちのことは、魔法少女と呼ぶべきだよね」という言葉は、「まどマギ」にもあった印象的なセリフだ。Twitter上では「キュゥべえの名(?)セリフが再び」「知っていてもなおゾクゾクするね」「やっぱりキュゥべえはこうでなくちゃ」「改めて聞いてもう〜んコイツw」「セリフまた聞けて驚き」「前作で1番衝撃を受けた台詞だった記憶」などの声が相次いでいた。

第12話「どうしてこんなにみじめなんですか」
【あらすじ】

ふさぎ込んでしまったやちよを置いて、記憶ミュージアムに向かったいろは達。
いろは達を待ち受けていたのは、妹・ういの友達、里見灯花だった。灯花はいろは達に、魔法少女の真実に関する講義を始める。
一方、過去の記憶に背中を押され、いろはを追いかけることを決めるやちよ。
だが、その頃いろはは、マギウスの用意した追体験学習を受けていた。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners