「バキ」花山薫役や「俺物語!!」剛田猛男役などで知られる声優の江口拓也が、3月23日をもってAbemaTVの声優トークバラエティ「声優と夜あそび」の月曜MCを卒業。エンディングでは番組からのプレゼントとして、まさかのパイ投げが敢行された。

▶動画:安元洋貴、番組卒業する江口拓也へ手紙を朗読「超楽しかったよ」(1時間13分頃〜)

 江口は安元洋貴(「BLEACH」茶渡泰虎役や「鬼灯の冷徹」鬼灯役など)とともに、2019年4月から約1年間にわたり「声優と夜あそび」の月曜MCを担当。現体制での最終回となる23日の同番組のオープニングでは、「いつも通り、しっぽり最後まで行けたらいいと思います。月曜の夜から飲むの楽しかったんだよなー」と名残惜しそうに安元とジョッキで乾杯した。

 番組の中盤からは、親交の深い後輩声優の西山宏太朗(「あんさんぶるスターズ!」深海奏汰役や「A3!」皆木綴役など)もサプライズゲストとして登場。過去1年間の江口の名場面集や、視聴者から寄せられた“味深ワード”の傑作を3人で振り返りながら、和気あいあいとしたトークを繰り広げた。

 月曜MCとして過ごした1年間の感想を問われた江口は、「すごいあっという間だったなと思いました」と感慨深げ。さらに「月曜の夜ってちょっと憂鬱な感じするじゃないですか。家に帰ってきて番組を見てくれる人に、『1週間がんばるぞ!』って気持ちになってほしい。憂鬱を吹っ飛ばせるような生放送にしたいなと思ってました」と思いを語ると、視聴者からは「月曜日元気もらってました」「1年間楽しい時間をありがとう…!」「毎週月曜日が2人のおかげで楽しくなりました!」といったコメントが続々と寄せられた。

 そんな江口のために番組からプレゼントが用意されたものの、箱の中身は「江口拓也誕生日SP」でも使用されたパイ投げ用のクリームだった。「やだやだ!」と江口が絶叫するなか、安元と西山もレインコートを着込んでパイ投げにスタンバイ。安元の合図で3人の顔面にパイがヒットすると、スタジオはなんともいえない笑い声に包まれた。

 4月以降も月曜MCとして続投する安元は、クリームまみれのまま江口へのメッセージをしたためた手紙を朗読した。「暇だったり、小銭稼ぎたくなったらいつでも遊びに来な」「超楽しかったよ」という安元の言葉に、江口も「月曜日の夜は生放送が楽しみでした。本当にありがとうございました」と感謝。クリームで真っ白になった顔で、明るく生放送を締めくくった。

(AbemaTV/『声優と夜あそび』より)