俳優の山崎賢人(※山崎の崎は正式には「たつさき」)が25日、都内で行われた映画『劇場』(4月17日公開)の完成披露イベントに松岡茉優、寛一郎、そして行定勲監督、原作者・又吉直樹と参加した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため一般客参加の試写会を取りやめ、無観客で実施。登壇者はスクリーンを背景にしたステージではなく、ガラガラの客席に座る形でステージ上に並ぶマスコミと対峙した。この慣れない状況に山崎は「本当はお客さんに観ていただきたかったけれど、このようなご時世でこのような完成披露の感じになっている。初めての経験」と驚き「やはり客席にお客さんがいないのは寂しい。お客さんに観てもらって作品は完結すると改めて感じる」と寂しそうにポツリ。

 一方、寛一郎は「いや〜、慣れないですよね、お客さんがいない中での舞台挨拶って。なんだか悲しい」と悲しい心境を吐露しつつも「悪いことをしていないのに、なんだか謝罪会見みたい」と無観客で沈む場をジョークで盛り立てようとしていた。

 松岡はステージ上に居並ぶ報道陣を客席から眺めて「不思議な気分だわ〜」と普段とは違う状況に目を丸くし、行定監督も「これなかなかない経験だから、記録したいね」と斬新さに興味津々。又吉は「演者が客席にいるというこういう形は演劇でも見たことがない」とインスピレーションを刺激されていた。

 映画の内容にちなんで「生涯忘れられない○○」を聞かれた山崎は「中学くらいに家族で大島に行って魚釣りをして、その釣った魚を民宿のオジサンが焼いてくれた。その味は忘れられない。その味を超える魚はまだ食べたことがない」と回想。

 寛一郎は中学時代に友達の家で起こった出来事として「その友達には25歳くらいの太った清潔感のないお兄ちゃんがいて、いきなり指の匂いを嗅がされた。それが凄く臭くて、しかも何のにおいかもわからなかった。『どこのにおい?』と聞いたら、『へそのにおい』と言われて…。生涯忘れられないへそのにおいになりました!」と珍エピソードを披露して、サービス精神旺盛に場の雰囲気を明るくしようと務めていた。

テキスト・写真:石井隼人