俳優陣の怪演とドラマティックな展開で話題沸騰中のドラマ『M 愛すべき人がいて』を無料配信中のABEMAが、5月1日(金)から6日(水)の6日間にわたり人気過去作品を日替わりで一挙無料放送。王道ラブストーリーからサスペンス、ドロドロ愛憎劇など、様々なジャンルが揃ったラインナップを紹介する。

5月1日(金)放送 『会社は学校じゃねぇんだよ』

 2018年4月から放送されたドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』は、藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をベースにし、「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリー。

 ベンチャー起業を志す熱い主人公・藤村鉄平役を演じるのは、三浦翔平。主人公・鉄平を支える右腕的な役どころとなる火高拓海役は早乙女太一が務め、ヒロイン役として自らも起業を志すモデル・水川華子役に宇野実彩子、鉄平と火高の後輩で、共に独立する笹川翔太役に松岡広大と、若手実力派キャストたちが集結している。

 鉄平が、立ちはだかる壁を仲間とともに乗り越え、「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら前に進んでいく姿は、とにかく胸熱。現代的な発想と、昔の青春ドラマのような暑苦しさのバランスがなんとも気持ちよく、視聴者にも大きな希望と勇気を与えてくれるドラマだ。

5月2日(土)放送 『フォローされたら終わり』

 2019年10月から放送されたドラマ『フォローされたら終わり』は、とある行動がきっかけで秘密にしてきたすべてが丸裸にされてしまう超絶危険なSNSサスペンスドラマ。

 主人公の仲村壮太郎を演じるのは、2018 年の『中学聖日記』で鮮烈なデビューを飾った岡田健史。壮太郎の高校のクラスメートで、青春時代を共に過ごした同級生たちを小川紗良、中尾暢樹、松田るか、ゆうたろう、横田真悠、堺小春、松大航也、犬飼貴丈とフレッシュな若手俳優たちが演じている。

 自分の意図しないところで秘密が世界中に丸裸にされてしまう、実態の見えない“SNSのダークサイド”を描く本作。次々と露わになっていく友人たちの秘密と、それに伴い崩壊していく友情は、現代社会のリアルを映し出しているかのよう。彼らの仲を引き裂く犯人は一体誰なのか?予想外の展開に最初から最後まで目が離せない。

5月3日(日)放送 『僕だけが17歳の世界で』

 2020年2月から放送されたドラマ『僕だけが17歳の世界で』は、亡くなった幼馴染が季節外れの桜が咲いている期間だけ戻ってくる切ないファンタジー・ラブロマンス。

 佐野勇斗が17歳のときに突如亡くなってしまうも季節外れの桜と共に7年後の世界に戻ってくる、繊細でピュアな性格の染谷航太役を、飯豊まりえがまっすぐで正義感が強いが、繊細な一面もある今野芽衣役を、ふたりの幼馴染を結木滉星、大友花恋、渡辺佑太朗が演じている。

 7年の月日を経て変わってしまった芽衣と、変わらず17歳のままで現れた航太。それぞれの想いが交差するなかで、ふたりは会えなかった徐々に取り戻していくが…。切なすぎる恋の結末は、涙なしでは見られない。

5月4日(月)放送 『奪い愛、夏』

 2019年8月から放送されたドラマ『奪い愛、夏』は、テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』の制作チームが送るオリジナル版ストーリー。

 主演の水野美紀と共に、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの“豪華怪演陣”が一挙に集結。危険な愛のトライアングルに挑み、クレイジーな“狂愛”を描いていく。

 水野演じる主人公・花園桜は見るからに只者ではなく、視聴者の期待を裏切らない怪演っぷりを見せてくれるのだが、実は本作で異様なのは桜だけではない。小池演じる椿や、松本演じる恋人の杏も回を増すごとに狂っていき、終盤は収拾がつかない状態に。俳優たちのポテンシャルの高さに度肝を抜かれる作品とも言えるだろう。

5月5日(火)放送 『御曹司ボーイズ』

 2019年4月に放送されたドラマ『御曹司ボーイズ』は、この世のすべての女性の憧れ“御曹司の花嫁”の座をめぐって繰り広げられる、サバイバル玉の輿コメディドラマ。

 御曹司たちとの恋愛リアリティーショー番組へ出演することになったフツーの女子高生である主人公・相原麦を演じるのは平祐奈。超ハイスペック御曹司集団「御曹司ボーイズ」4人組を、磯村勇斗、飯島寛騎、稲葉友、山本涼介。麦とともに御曹司との結婚を夢見て恋愛リアリティーショー番組へ参加する女子高生を岡本夏美、武田玲奈が演じる。

 ドラマの見どころは学園青春ドラマならではの怒涛の胸キュン祭り。お姫様抱っこに人工呼吸キスにバックハグ…とドキドキシーンが満載。また、タイプの違う4人の御曹司たちにも注目。とくに今を時めく若手俳優の磯村勇斗が演じるドSのツンデレ御曹司は必見だ。

5月6日(水)放送 『1ページの恋』

 2019年2月に放送されたドラマ『1ページの恋』は、一風変わった設定や、不倫・職業ドラマの中での恋愛が描かれることが多くなった近年のドラマ作品の中で、あえて若者たちのまっすぐで純粋な片思いを描いたストレートな王道ラブストーリー。

 絵を描くことが大好きな主人公・水瀬あかりを演じるのは、橋本環奈。あかりの初恋相手を板垣瑞生、幼馴染を濱田龍臣、突如目の前に現れた刺激的な大人の男性を古川雄輝が演じている。

 「運命的な初恋の彼」「いつも側にいる幼馴染の彼」「刺激的な大人の彼」という、タイプの全く異なる3人の男性と繰り広げるラブストーリーは、女性なら誰しもが「こんな恋愛してみたい」と夢見た内容。あかりは誰と結ばれることを選ぶのか…?究極の片想いラブストーリーの結末を見逃すな。