お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(56)が4日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活苦となっている芸人を救済するために動き出したと報じられ話題となっている。

 松本が今回実施するという救済プランは、自身のポケットマネーから後輩芸人らに1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるというもので返済期間は5年間だという。関係者によると、4月中旬、親交のある後輩芸人に緊急メールで「コロナで収入が減った芸人に松本人志が金貸します」「条件、おもろいやつ」と呼び掛けたそうで、面識のある後輩芸人は1000人を超えるとみられており、最大で10億円を負担する大盤振る舞いとなる。

 所属の吉本興業では3月から全劇場を休館。当初は無観客ライブの配信などを行っていたが、緊急事態宣言後は配信ライブが中止となり、生活苦に陥っているお笑い芸人が急増している現状に松本は「後輩芸人の将来がコロナで閉ざされるのは悲しい」と話しているといいう。

 今回の芸人救済報道を受け、ネット上では「松ちゃんの貸し付け条件(笑)」「『おもしろいやつ』という条件は案外ハードルが高い」など、松本流の貸し付け条件についてのコメントや「松本さんの芸人愛はすごい。太っ腹」「松本さんのやさしさに感動しています」という称賛の声が上がっている。
(ABEMA/『ABEMA NEWS』より)