新型コロナウイルスの感染を公表し、肺炎で入院したフリーアナウンサーの赤江珠緒が6日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』にメッセージを寄せ、退院したことを明かした。

 赤江アナの代役として出演した同局の堀井美香アナウンサーが「赤江珠緒です。いろいろとご心配をおかけしましたが、この度退院となりましたので、取り急ぎご報告いたします」と、赤江アナから寄せられた手紙を代読。今後については「この後、しばらくは自宅療養をしながら、体力の回復を目指します。皆様、本当にありがとうございました」と伝えた。

 この日出演していた博多華丸・大吉の博多大吉は「ネットニュース記者の皆さん、退院したそうです。さぁ、原稿をお書きください。赤江珠緒、退院です!ひとまずは、おめでとうございます」と赤江アナの退院を喜んだ。
(ABEMA/『ABEMA NEWS』より)